釣りをしたことがない人にとってはイメージしにくい「釣りにかかる時間」。
釣りの種類によって必要な時間はさまざま。かかる時間をまとめてみました🙋

※「釣りにかかる時間」は、釣り場到着・受付~釣り~釣りが終わるまでの時間を指しています。

1時間からOK!

・釣り堀、管理釣り場、海上釣り堀
釣り堀、管理釣り場、海上釣り堀は1時間~OKのところが多いので、ハードルが低く気軽に楽しめます。また、釣るために放流してくれることもあるので、比較的簡単に釣ることができると思います。アクセスしやすい場所にあったりと、友達同士やカップル、お子さんがいるご家族などで楽しむのにぴったりです。

・堤防(海)
堤防釣りも自分の好きな時間に海釣り施設に行き、釣りができるので1時間からOK。しかし、魚が水中を回遊するタイミングによっては、1時間ではなかなか釣れないことも。
2、3時間かかると心づもりしておくとよさそうです。

半日は必要!

・ワカサギ釣り
湖に行き、ドーム船や小型ボートに乗って行うワカサギ釣り。
朝から夕方前くらいまで釣りができるところもあり、自分で始める時間&終わり時間を決められるところがうれしいポイント。とはいえ、最低でも3時間程度はかかると考えておけば、十分楽しむことができます。

・船釣り
船に乗って海で釣りを釣りをする船釣り。
船に乗っている時間は、4時間~6時間程度。しかし、駅から船宿までの移動時間、船宿に着いてからの準備時間のことを考えると、終日かかると考えておいた方が良いです。
1日かけて船釣りをすると、充実感でいっぱいになりますよ!夜は程よい疲労感でよく眠れます。(笑)

 

気軽にトライしたり、慣れてきたら船で非日常感を満喫したり、さまざまな楽しみ方がある釣り。
行きたい場所、釣りたい魚、食べたい魚、熟練度、一緒に行くメンバーなどに合わせてセレクトしてみてくださいね🌟

関連記事

タグ